『蒸し生姜』の作り方のおさらい

蒸し生姜の作り方

『蒸し生姜』を作るのが面倒な時もあります。

時々ネットで購入したりしていたモノでも満足していたんだけど、やっぱり自分で作った『蒸し生姜』が一番美味しいかも…。

夏の間は『蒸し生姜』は作っていなかったんだけど、温かい飲み物も飲みたくなってきた9月から『蒸し生姜』作りを再開しました。

『蒸し生姜』ってカリカリに乾燥させるのって難しいよね。

半生だと、数日間保存するから「カビ」が生えないか気になるしね。

『蒸し生姜』を作り続けてきて、自分なりのレシピができてきました。

今は、すっかり体が温かな人なんですが、続けていきたいと思っているので、作るのが面倒と感じる作り方ではダメってことで、生姜をオーブンに入れ、スタートして60分で完成できる量で作ることにしました。

その代わり、以前は紅茶やスープに『蒸し生姜』小さじ1杯ぐらいに入れて飲んでいましたが、今は小さじ半分ぐらいにしてます。

1回の作る量で1週間~10日ぐらい分です。

『蒸し生姜』の作り方

蒸し生姜の作り方

1回に使う生姜の量は、大生姜2袋分です。

蒸し生姜の作り方

汚れなどを取って、皮ごとスライス。

スライサーの1,3mmでスライスしています。

蒸し生姜の作り方

鉄板にオーブンシートは敷かず、直置きします。

オーブンシートを敷いて作った時になかなか乾燥しなかったので私はオーブンシートは敷きませんが、当時は一度の使う生姜の量が多かったので、この量の場合はわかりません。

この薄さなら多少重なっても大丈夫です。

蒸し生姜の作り方

予熱はしておき、100℃で60分オーブンします。

蒸し生姜の作り方

カリカリに乾燥してくれます。

蒸し生姜の作り方

フードプロセッサーは持っていないので、ブレンダーで粉砕しました。

すり鉢で粉々にする時もあります。

『蒸し生姜』を自分で作っている方の作り方に、すり鉢で粉々にする場合、特に生姜のスライスの仕方が大事って書いてありました。

生姜の繊維を断ち切る向きでスライスすると、粉々になりやすいそうです。

蒸し生姜の作り方

生姜を洗って、スライスして、鉄板に生姜を並べて、60分オーブン、ブレンダーで粉々にして、1時間10分で完成しました。

追加オーブンもないので、この量だと手軽に作れます。

蒸し生姜紅茶

蒸し生姜の作り方

紅茶を飲むときに、口の中で生姜がザラザラするのがあまり好きではないので、茶葉と一緒に淹れて漉します。

蒸し生姜の作り方

蒸し生姜紅茶の完成!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です